Scents and Subtle Sounds 店舗開店への道

(センツ・アンド・サトル・サウンズと読みます)40代前半にして、資金もコネもノウハウもない中で、自分のお店を持って開業したいという夢を現実にするための記録ブログ。

独立

2016年になりました/友達がすすめてくれた記事

放置状態になっていますが、ここの存在は忘れていません(笑)。
他のブログを書いたり、SNSもいくつかやっていて、なかなかここの更新に手が回らず。
将来につなげるためにこのブログを立ち上げたのだけれど、正直なところ、個人的な日記ブログとの書き分けが難しい。。。

去年の後半は意識的に自宅で焼き菓子をいろいろと焼きました。そして友達に食べてもらって率直な感想を言ってもらったりもしました。
基準にするレシピをひとつ用意して、それを少しずつアレンジしていく実験のようなことも試してみたり。

個人で焼き菓子屋さんを経営している人に話しかけて、直接お話を聞かせてもらったり。

初動としては、自分でも一歩が踏み出せたよい1年でした。

今年は具体的な目標がひとつあるので、そのことについて更新していきたいと考えています。
万が一このブログを定期的に読んでいる方がいらっしゃったら、心から感謝します。
今年もよろしくお願いします。

さて、今日の昼間、「この記事のお話がよかったよ」と親友からリンクが送られてきました。

好きなことを仕事に出来ている人、輝いていて良いですね。
私は好きなことに気づくのが遅かったことと、若い頃に、"そもそも最初から好きなことを仕事にできるわけがない"と考えてここまできてしまったので、完全に出遅れています(笑)
といっても、人生を他人と比較すること自体意味のないことなので、私は私で、好きなことを仕事にしながら人生を過ごすことをこれからの日々で作り上げていきます。いまから、これから、です。
使い古されたフレーズですが、やっぱり"何かを始めるのに遅すぎるということは無い"と信じています。

ミシュラン一つ星店パティシエが教えてくれる「好きなことを仕事にして、続ける方法」
http://tabi-labo.com/231583/qreators-nakamura/

「私の例でお話しますと、ただお菓子が作るのが好きで、それが仕事だから辞める理由がないんです。主軸としては自分の手から生まれたものを幸せそうに食べてくれる人がいることが嬉しい。」

この部分、まるごと同意です。
私も生涯の仕事が、お菓子作りになるように、そのために今できることをひとつひとつ頑張ります。

転職、独立について家族と相談

年明けからこの半年の間に、自分の中では、かなり具体的にお店を持つというイメージが湧いてきました。
夢物語ではなく、現実として、費用や準備や、いまの仕事をどうするか、などを考えました。

私はわりあい、"見る前に跳ぶ"性格で、ある程度のところですぐに見切り発車をするタイプだと自覚しています。そして発車してから、問題に直面して修正していく性格。

だから、今回の場合にも、勢いで仕事の契約満了を伝えたり、関東に一人暮らし用の物件を見に行ったりしてしまいそうな状態なのですが、それには乗り越えなくてはならない問題がありました。

私は14年前に結婚し、夫と二人で暮らしています。子供はいません。
この半年、まだ私の気持ちについて、まったく夫に話していませんでした。

頭から否定されて、そんな夢みたいなことを言っているなと全否定される不安がありました。

具体的にイメージしたときには、離婚をすることも想定にいれました。

私にとってはやりたい事だけれど、それが、夫婦でやりたいというのではなく、私が個人的にやりたいことであって、そこに旦那の生活や収入を巻き込むのは何か違うような気もしていて、私が勝手に私のやりたいことをやると宣言すること自体、離婚という結果になるのかなと思っていました。
しかし、私としては夫に許せない部分や我慢できない部分があって性格の不一致で別れたい、という事では全くないため、もうどうしていいのだかわからなくなってしまいました。

そんな折、先日私の実家の母と2人で、実家の今後について話す機会がありました。
たまたまそんなタイミングだったのですが、親は親で、終活をそろそろ視野にいれはじめ、自分が元気なうちに、自分たちの所有物や死後のことについてなど、子供に話しておきたかったそうです。
自分の親とはいえ、そうして改まって話す機会などほとんどなかったのですが、今回はそんなわけで母と対談のように真剣に話をしました。
その流れで、私も自分が今考えてる、派遣社員を退職し、運転資金を貯めてお店をはじめたいこと、それに伴い夫と離婚する可能性もあることを話しました。

親は私の性格をよく知っているので、理解は示してくれましたが、とにかくまず、夫婦ですべてをさらしてじっくりと何度でも話し合いをすることが大切だと諭されました。

たしかに親の言うことはもっともです。私が避けているのは夫との話し合いだったのです。

帰宅したその日の夕食をとりながら、夫に順番に思いを伝えました。離婚について考えていることも伝えました。

夫の返事は、私の想像とは違い、私の意思に沿って、夫婦で協力して節約して、そこを目指せばいいと言ってくれました。
私は正直なところ、嬉しいというよりも先に拍子抜けというか、ちよっとホッとした気持ちがわきました。

夫も今年56歳で、定年まであと9年ということもあり、そうしたことも夫なりに思考に入ってきたのではないかと思います。

一方の私も、いままで同じ職場で11年半派遣社員として継続できているけれど、今度の派遣法改正が通過してしまうと、おそらく、今後3年以内には、今の職場での契約更新はできなくなると思います。

そのあたりの事情もあって、思い切って自分たちで商売をするという方向に目が向けられたのではないかと思います。

とはいうものの、これでようやく0地点に立った、というだけですね。
具体的にどんな風にすすめていくのか考えるのはこれからになるけれど、私としては、これでかなり大きな一歩を踏み出せたという心境です。

↓登録してみました。クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン

これをまず読んでみた。

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
トニー・ブザン ;(著), 神田 昌典 ;(監修, 監修), 近田 美季子 (翻訳)


読んでいるだけでも、頭の中でごちゃごちゃしている情報が少しすっきりしていくような錯覚に陥る。

短めの文章と、具体的な例が載っているので、自分がマインドマップを描くことがイメージしやすいのだと思う。

本としては、1日で読了できる長さです。
私は図書館で借りてしまったけれど、本来は手元に置いておくとよい本だと思います。

さっそく、文具店に行って、マインドマップ用のスケッチブックとペンを買ってきました。
いつもこういうものは100円均一ですませていたけれど、今回は、気に入ったものを買うことにしました。


スケッチブックは、小さいサイズと迷ったのだけれど、夢は大きく!(笑)ということで大きいサイズを選択。
A4に近い大きさなので、かさばりますが、やっぱり書きやすいので、こちらにしてよかったです。

月光荘 スケッチブック アツ

月光荘画材店スケッチブック2F(ウス点・イロ・アツ)

価格:448円
(2015/6/12 10:33時点)
感想(8件)





ペンはそのお店で扱っていた中で、わりと好きな色合いのセットがあったのでこれを選択。
ペン先が2パターンあるし、淡い色合いも好みの発色でした。

ゼブラ/マイルドライナー NC5色セット(渋マイルド)

【5色セット】ゼブラ/マイルドライナー NC5色セット(渋いマイルド)WKT7-5C-NC ラインマーカー/蛍光ペン 蛍光ペンも目に優しく!【筆記具】【蛍光ぺん】【ラインマーカー】【人気商品】

価格:356円
(2015/6/12 10:37時点)
感想(15件)




そして黒いペン。
大好きな村上春樹さんが、たしか三菱のユニボールを使っていたなあという、うろ覚えの記憶と、以前書きやすいボールペンを調べたときに、ダントツ人気だったジェットストリームの記憶を総合して、ジェットストリームの0.38を購入。太さは0.5と迷ったけれど、なにせ字が雑でつぶれそうな気がしたので、細い0.38にしました。

これ、本当にものすごく書きやすいです。"書きやすい ボールペン"を探している方は、1度使ってみるのをおすすめします。スケッチブックのようなひっかかりやすい用紙でも、サラサラとした書き味です。

※村上さんの愛用は、記憶が間違っていて、三菱 水性ボールペン、ユニボール シグノユニボール シグノ(0.5m/m) だったらしいです。「村上さんのところ」で紹介されていたのですが、現在はクローズしてしまったので、電子書籍版を読み直して、正式なものがわかったらまたこの記事を修正します。

三菱鉛筆/油性ボールペン<JETSTREAM(ジェットストリーム)スタンダード>

【ボール径0.38mm】三菱鉛筆/油性ボールペン<JETSTREAM(ジェットストリーム)スタンダード>SXN15038 超低摩擦インクで「クセになる、なめらかな書き味」を実現!

価格:113円
(2015/6/12 10:54時点)
感想(1件)




というわけで、この3点セットを購入し、マインドマップを描き始めました。

一番最初に書いたのは、中心に、目下の夢「Phishを見る」です。
お菓子屋をやりたいというのは、そこにつながっている道の中のひとつなのです。

実際に書いてみると、思っていたよりは難しいけれど、頭に浮かぶものをどんどんと書き足していくので、脳内の情報が整理されていくような気がします。

まだ書き途中です。何度も見直して枝を広げていきます。

枝を広げていくと、そこからさらに中心にしたいものがでてきます。
お店を作ることも含めて、これからの3年を形成していくために、いくつかマインドマップを描くことになりそうです。

もうひとつ、歌の歌詞を翻訳するためのマインドマップを描いています。
変則的な使い方ですが、我ながらこれは面白いなあと思って描いています。

子どもの頃から、テスト勉強のスケジュールを描くのが好きだけれど、運用が伴わないというダメな性格だったので、今回は、描いて終わりにならないよう、マインドマップで整理した情報に沿って、運用していけるようにします。

がんばります。

悩みもあるけど、なんだか日々楽しいです。

最近借りた本

マインドマップについてどんなものか知りたかったので、図書館に本を借りに行った。
予約してあったいくつかの本を借りた。
読んだら感想も書きたい。
借りたのは下記の3冊

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
トニー・ブザン ;(著), 神田 昌典 ;(監修, 監修), 近田 美季子 (翻訳)



60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典 ;(著)



決定版カーネギー 道は開ける―あらゆる悩みから自由になる方法―
D・カーネギー (著), 東条 健一 (翻訳)

平成26年度版「夢を実現する創業」中小企業庁 編集/発行

今まで全く気付かなかったのだけれど、図書館と同じビルに産学交流センターというのがあるのを知った。
無料で起業や経営相談会を開催しているという案内が出ていた。
興味が沸いたので立ち寄った。

担当の方がでてきて丁寧に教えてくれた。
まだ何も具体的に決まっていない、「焼き菓子が得意なので、いつか自分のお店をもって、それを商売にしたい」という、素人の漠然とした夢みたいな話を真剣に聴いてくれた。
そして、「まずはこれを読んで、ここに書かれている設問に答えて自分の考えをまとめていくとよいでしょう 。」と言って、一冊の冊子を渡してくれた。

それが、

平成26年度版「夢を実現する創業」中小企業庁 編集/発行
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/pamphlet/2014/index.htm
※サイト内からPDFダウンロードができます
文書

まさしく今の私にぴったり。

ってことは、私のような状態から起業したいと考えて実際に行動する人がたくさんいるということだ。
こうして少しずつ、イメージを具体化させていくんだなぁ。

まずは読んでみます。そのうち感想を書きます。図書館で借りた本より、こっちの方が気になるw

いままでは、産学交流センターの 存在にも気づかなかったけれど、自分から情報を集めたいと注意深くアンテナを張るようになると、こうして求めている情報に出会えるようになるんだなぁ。

感謝の気持ち。ありがとうございます。
このブログについて

ブログタイトルは、Scents and Subtle Sounds「センツ アンド サトル サウンズ」と読みます。長いのですが、好きなバンドPhishの曲名から名付けました。

派遣社員として働き続けて2015年現在43歳。
何歳からでも夢は叶うと信じて、資金も知識もないところからスタートして、3年以内に焼き菓子店をオープンしたいと思っています。

決意表明と、開店までのプロセスを記録するためにブログをオープンしました。

お店を持つことになったら、この長い名前、「Scents and Subtle Sounds」を店名にして、看板猫を飼うことが目標です。

よろしくお願いします。

↓そんな決意はココに書きました。
「いつか焼き菓子店を開業するという目標を持って、まずはブログを作ってみた」


http://scentsandsubtlesounds.blog.jp/archives/31439890.html
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
Amazon
楽天市場