Scents and Subtle Sounds 店舗開店への道

(センツ・アンド・サトル・サウンズと読みます)40代前半にして、資金もコネもノウハウもない中で、自分のお店を持って開業したいという夢を現実にするための記録ブログ。

パティシエ

製菓専門学校夜間コース修了

※別の個人日記ブログに書いたものをこちらにもコピペ。せっかく1年通ったのに、学校のことは何もここに投稿しないままに修了式を迎えてしまった。。。

スタート時にここに書いたかどうかを忘れてしまったのだけれど、1年前の2016年の4月から、製菓専門学校に通っていました。

カリキュラムの授業をすべて受講し、先日3月初旬に無事に修了書を受け取ることができた。

いままで趣味として楽しんできた製菓づくりだけど、これを本職として残りの人生やっていきたいと一昨年くらいに思って、それから1年思案の末、まずはプロの基本を学習するべきという結論に至り、学校に行くことにしました。

夜間クラスはおおまかに2つにわかれていて、国家資格である製菓衛生師の資格を取得を目指すライセンスコースと、実習のみの授業で技術的なことを受講する、値段もライセンスコースよりもだいぶ安く収まるパティシエコース。

製菓衛生師試験は、誰でも受けられるわけではなく、受験するために一定の学習を受けなくてはならないのだけど、ライセンスコースというのは、その受験資格を満たすための座学授業時間と実習授業時間が組み込まれている。週3回の授業を1年間1度も欠席せずにすべて受けると、受験資格を得ることができる。

やむを得ず欠席した場合、1年後の同じ授業を補修で受けて、受験資格を満たさなくてはならない。
仕事をしながら夜学で通うコースのわりに、条件としてはなかなか大変なのである。
私は今の仕事を続けている以上、職場の協力を得ても1年間このライセンスコースを1回も休まずに通うのは難しいと考えた。

それと、この資格が自分に本当に必要なのかどうかについてもよく考えたのだけれど、将来的に独立して自営業を目指すのであれば、ここまでして取得しなくてもよいと思った。

その結果、実習だけを習うパティシエコースを選んだ。
でも、座学の中で製菓理論だけは受講したかったので、イレギュラーだけれど、それだけは単発で受講した。

授業では、フランス洋菓子の製作をメインとして、他にもパンや和菓子なども製作した。
洋菓子の講師がすばらしい講師で、その先生の授業を受けることがたのしくてたまらなかった。
体験入学でこの先生のデモンストレーションを見てその手さばきと説明のわかりやすさで入学を決めたのだけれど、この先生に教えてもらえたことが、この学校で得た一番のことだと思う。

いままで趣味で作ってきて、なぜその手順なのかという理由がわからないままでなんとなく作ってきたり、生地の状態のあんばいに自信がもてないことなど、作りながらの疑問がいろいろあったのだけれど、実習と製菓理論で、ずいぶんとたくさんのことが理解できた。

1年を通して、やっぱり焼き菓子を作るのは、自分にとってとても好きなことだと実感。
そうはいっても即仕事にするには、先立つものもなく、職種としては未経験で実際の現場を全く知らない状態なので、今年は夏を目途に13年派遣社員として働いた職場をやめて、製菓製造の仕事に転職をするつもり。

長年サラリーマンしかやってきていないから、土日休みではなくなり、渡米もできなくなり、時給も安く、終日肉体労働となる職種への転職は甘くないし、厳しい面がほとんどになると想像はするけど、そうして大変な事が多くても、楽しいと感じることも絶対に多いと思う。

この先どんな人生になっていくのか自分でもわからないけれど、こうして製菓学校の1年間の授業を終えた事は自分にとってとても嬉しいことだし、ほとんどスタート地点同然とはいえ、それでも少しだけれど先には進んだ実感がある。

2016年になりました/友達がすすめてくれた記事

放置状態になっていますが、ここの存在は忘れていません(笑)。
他のブログを書いたり、SNSもいくつかやっていて、なかなかここの更新に手が回らず。
将来につなげるためにこのブログを立ち上げたのだけれど、正直なところ、個人的な日記ブログとの書き分けが難しい。。。

去年の後半は意識的に自宅で焼き菓子をいろいろと焼きました。そして友達に食べてもらって率直な感想を言ってもらったりもしました。
基準にするレシピをひとつ用意して、それを少しずつアレンジしていく実験のようなことも試してみたり。

個人で焼き菓子屋さんを経営している人に話しかけて、直接お話を聞かせてもらったり。

初動としては、自分でも一歩が踏み出せたよい1年でした。

今年は具体的な目標がひとつあるので、そのことについて更新していきたいと考えています。
万が一このブログを定期的に読んでいる方がいらっしゃったら、心から感謝します。
今年もよろしくお願いします。

さて、今日の昼間、「この記事のお話がよかったよ」と親友からリンクが送られてきました。

好きなことを仕事に出来ている人、輝いていて良いですね。
私は好きなことに気づくのが遅かったことと、若い頃に、"そもそも最初から好きなことを仕事にできるわけがない"と考えてここまできてしまったので、完全に出遅れています(笑)
といっても、人生を他人と比較すること自体意味のないことなので、私は私で、好きなことを仕事にしながら人生を過ごすことをこれからの日々で作り上げていきます。いまから、これから、です。
使い古されたフレーズですが、やっぱり"何かを始めるのに遅すぎるということは無い"と信じています。

ミシュラン一つ星店パティシエが教えてくれる「好きなことを仕事にして、続ける方法」
http://tabi-labo.com/231583/qreators-nakamura/

「私の例でお話しますと、ただお菓子が作るのが好きで、それが仕事だから辞める理由がないんです。主軸としては自分の手から生まれたものを幸せそうに食べてくれる人がいることが嬉しい。」

この部分、まるごと同意です。
私も生涯の仕事が、お菓子作りになるように、そのために今できることをひとつひとつ頑張ります。
このブログについて

ブログタイトルは、Scents and Subtle Sounds「センツ アンド サトル サウンズ」と読みます。長いのですが、好きなバンドPhishの曲名から名付けました。

派遣社員として働き続けて2015年現在43歳。
何歳からでも夢は叶うと信じて、資金も知識もないところからスタートして、3年以内に焼き菓子店をオープンしたいと思っています。

決意表明と、開店までのプロセスを記録するためにブログをオープンしました。

お店を持つことになったら、この長い名前、「Scents and Subtle Sounds」を店名にして、看板猫を飼うことが目標です。

よろしくお願いします。

↓そんな決意はココに書きました。
「いつか焼き菓子店を開業するという目標を持って、まずはブログを作ってみた」


http://scentsandsubtlesounds.blog.jp/archives/31439890.html
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
最新コメント
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ・菓子店へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
Amazon
楽天市場